専任媒介契約前に確認すべきこと

一度、契約をしてしまうと3ヶ月は他の不動産屋に変えることができないので慎重になります。。

私が重視したのはこの4つ

1、査定額と売り出し価格

2、仲介手数料

3、測量が必要

4、解体費用

番外編:木製の不用品はおきっぱでOK

1、査定額と売り出し価格

1、査定額と売り出し価格

 

査定額と売り出し価格はイコールではないし、 売り主の意向が優先される とのことでしたので、とりあえず最高値でレインズや広告を出してみよう! と担当者が提案してくれたので、1990万円で出してもらいました。

今思えば、値引き交渉されるから強気の2100万円で出して2000万円で決めてもらう ってのがよかったかも。

弱気な売り出し価格ではすぐに飼い主が決まるというメリットはあるけど、 さらに値引きさせられることも多いので、 最初は強気の価格設定で売り出すことがポイントでしたね。

カナ

売り出し価格から値引き交渉されることも考えて高め設定を提案してくれる担当者が○

2、仲介手数料

2、仲介手数料

 

基本的に私が一括査定してもらったところはすべて、 最大手数料の3%+6万円+消費税で見積もりに記載されていました。

それが普通なんだなーって思ってたけど、 これは既定の数字ではなく、不動産屋が受け取ってもいい手数料の最大値だったんです。

これは知らなかった~(T_T) だから、馴染みのお客さんや取引が多いお客さんとかは最大半額の手数料で受けるそうです。

で、唯一、C社だけは「専任媒介にしたら手数料値引きますよ」 と提案があったんです。

単価がとにかく高いから、0.5%でも20万円くらい違ってきますからね。 めっちゃ大きい(´・ω・`)

3、測量が必要

3、測量が必要

 

うちは以前の測量が40年近く前なので当時とは規格も違うし、いい加減なところもあるので 杭もないし、測量が絶対必要と言われました。

見積もりは、3社が35万円で、大手の1社が40万円。

測量の相場をググってみると、 それぞれの地域の土地家屋調査士のHPがずらずらと・・・ 40坪くらいだと30~40万円が相場のようです。

たまに、100万円とかとんでもない数字をだしてくる業者もいるようですので、 気を付けないといけないですね。。。 こればっかりは値引きは難しいのかな。

4、解体費用

4、解体費用

 

うちの場合は、築38年ということで、昭和のにおいがプンプンする内装 (←ヒドイ言い方でしょっ(-"-)) なので、 解体して更地にしないと売れないと言われました。

解体費用も相場を調べてみたけど、40坪くらいで計算するとだいたい100~150万円あたりでした。

不動産屋の提携している解体業者からもらった見積もりがこちら。

最初の見積もりより13万円くらい安くなりこの値段です。

解体見積

 

カナ

解体業者も便利な無料一括査定があるよ

解体の見積もりももしかして結構差があるかも!!って こちらも一括見積りをこちらで無料でしてもらいました。

>>解体無料見積ガイドはこちら

 

★見積もり1

解体見積

※電気・ガス・電話等の断線及び浄化槽内の処分は施主様にてお願いします。 ※見積り以外地中埋没杭ゴミ特管物等発見され処分の場合は別途になります。

★見積もり2

解体見積

※散水用の水道使用量は施主様の負担でお願いします。

※地中障害、基礎支持杭がある場合は別途見積りが必要です。

※残置物、不用品の処分は別途見積もりが必要です。

 

やっぱり差があるのね・・・ 安いところでやってもらうのが一番いいのかと思いきや 解体業者にも注意点があったんです。

見積もりはあくまで見積もり。 赤い四角で囲ったこの注意書きがクセモノらしいです。

地中に何が埋まっているかなんて掘り起こさないとわからないし、 危険物とかあったとしても、素人じゃなんにもできないし、、 結局、その解体業者にお願いするしかなくて、、 その撤去費だって、その時にきっと告げられて、 早く工事も進めなきゃいけないし、 言われるがままの費用を受け入れなきゃいけない。

きっとそんな感じですよね。

 

こういう類の話は解体だけに限らないけど、 こういう時に思うのは少しお金を払ってでも信頼できる人間関係を作っておいて 何かあるときに依頼するのが一番望ましいのではないでしょうか。

ただ、それは一般家庭では難しいから、それはできなくても とにかく値切って最安値でやってもらってもどうせ上乗せされるかもしれない怖さがあるなら、 通常通りのお金を支払って気持ちよく解体業者に作業してもらったほうが、 ぼったくりもあまりないかなーって思いました。

 

逆の立場だったらを考えるとね。

結果、一番高い見積もりだったけど、不動産屋の紹介してくれる解体業者に決めました。

明け渡し日とかの兼ね合いもあるから、 一括して面倒見てくれたらそういう心配はしなくてすむしね。

引き渡し日とか遅れちゃったり、 何か問題でも起きたとき、サッと対応してもらうためにも。 大きな買い物なので、 万が一のことを考えて、ちょっと高いけど値引き16万円してくれたことだし、 決めちゃいました。

番外編:木製の不用品はおきっぱでOK

番外編:木製の不用品はおきっぱでOK

契約当初はこんなメールが届きました

番外編:木製の不用品はおきっぱでOK

---ここから---

諸費用については、主なものは記載したもので全て ですが、「引越し費用」や解体前の屋内外の「廃品・ 不要物等の撤去廃棄費用」、「アパート借家の敷金・ 礼金・家賃など」は含んでおりません。

引越しは荷物の量、距離によってかなり変わります。 不要物の撤去廃棄費用も量によって変わります。

一般的には解体業者が別途、追加料金で撤去・廃棄 の代行は可能です。 アパート借家についても物件によってかなり差があります。

以上の3点で、60万円~80万円くらいはみておいた方が いいかと思います。

---ここまで---

 

当初は、不動産屋の担当者も解体業者も提案がなかったのですが、 木製の家具などは置きっぱなしでOKだったんです。

家と一緒に壊して撤去してくれるそうで。

それならそうと、教えてくれればいいのに。。 すぐに不動産屋の担当者に電話しましたよ。

「知り合いの解体屋さんは家具も壊してくれるって言ってましたけど・・・」 って解体屋に聞いてもらって 「家具置きっぱなしでOK」もらえました^^

なぜ、こんなお得情報を知ることができたかというと、 たまたま知り合いで建て替えを始めている人がいて 「うち、今解体することになったけど家具とか捨てるの大変で・・・」 って話しのときに、ふとお得情報を教えてくれたんです。

 

家具もだいぶ古くなってしまって 処分するにはどうするか、考えてたんですよね~

・トラック借りてクリーンセンターに持っていくべきか

・リサイクルショップで引き取ってもらうべきか

・ゴミ収集車で持って行ってもらうべきか

 

大きな家具なんかは家の外に出すのも大人2人でも難しいから、 バラシてから出さないといけないのか。。

すっごい悩みましたよ。

「置きっぱなしでOK」の一言で 悩みから解き放たれました( ^)o(^ ) っということで晴れて専任媒介契約で契約しました。

カナ

解体の際は業者に聞いてみよう!

その書類がこれっ^^

契約書

 

→次の家を売ると諸費用がいくら必要?に進んで下さい

 

ページの先頭へ