築30年以上は解体必要?更地にしないと売れない?

解体せずに家を売りたかったのですが、やはり築30年以上となるとなかなか難しいようです。。

家を買う身になればそれもそうかもしれませんよね、 だって、家を買う という行動って若い人ありき的な感じなんですかね。

子供が生まれたからとかの理由で。 子供も成人して孫ができて、、、というところで家を買ったりってあんまりないですよね。

要は古民家で田舎暮らしがしたい、みたいなことでない限り、古ーい家にわざわざ住みたくないでしょうし。

 

特に、私の地域は田舎とはいえ自給自足ができるほどの田舎ではないし、そこそこな住宅街です。

まわりの住宅は、30年前を比べると少しずつ家の建て替えをしていて今は新築だらけ。

うちだけが古民家みたいになってて浮いているようです^^ それでも、家付きのまま売れたらな~と淡い期待をしながら不動産屋に聞いてみたらこんな回答が。

「中古住宅として売れば、解体費用は払う必要がないので丸々浮いてきます。

但し、築後27年が経過しており、昭和56年以前に建てられた「旧耐震基準」の家ですので、売った後に大きい地震が来た場合は倒壊の可能性が比較的高くなります。

買主様にはその点を念を押し、一切責任は負えませんと、よく説明しておく必要はありますが・・・。

※詳しくは、「阪神大震災 旧耐震基準」などで検索してみて下さい。 それから間取りも昔の間取りですので、若いお客様にアピール できるかどうかは不透明です。

土地と中古住宅の両方で売り 出して条件の良い方に売るということもできますので同じ価格 で両建てで売り出してもいいかと思います。

それと家の間取り図をご用意していただきますようよろしくお願い致します。」

 

やはり、家が古いということもあって解体してもらって更地で買いたいという問い合わせばかりのようです。

解体費用は売主負担なので負担が大きいわ・・・(-.-)

ページの先頭へ