家を高く売る3つのコツはこれだった

ご訪問ありがとうございますm(_ _)m

 しがない主婦ですが、家を売ることを任され一世一代の大仕事となるべく、大損しないように、そして滞りなく進行できるように記録していこうとサイトを作りました。

無料一括査定から始まり、2016年1月4日から9月3日の約8ヶ月間で家が売れた経緯を画像をつけて書いていきます。

初めて不動産を売る体験をして、大きな損をしてしまわないかとか不安だらけで、とにかく額が大きいからかなり慎重に進めていきました(-"-)

まずは、不動産売却をすべて終えてみて 最重要ポイントを3つにまとめてみました。

1、不動産無料一括査定

不動産無料一括査定 何はともあれ査定額がどんなもんかを知るべく、最近CMでもよくやってる無料一括査定をしました。

一社毎に連絡しなくてもいいこのシステムってホント便利です。

査定結果はこちらです

<<各社査定額>>

S社 1,680万円 , M社 1,600万円

C社 1,900万円 , E社 1,870万円

結果的には最高値をつけてくれたC社と契約し、色々あって 結果、300万円も高く売れました!

1,600万円⇒1,900万円 この中で最大6社査定してもらえますが、うちは4社で査定結果はこちら

不動産無料一括査定

 

2、近所の売買価格(相場)を調べる

近所の売買価格(相場) 4社から査定額が届いて300万円以上も差があることにまずびっくりしました。

それだけでまず最高値を付けたとこにしよう!と舞い上がってしまいましたが、 実際の相場、近隣はいくらで売買されているのかを調べる必要があったんです。


4社が組んで安値をつけてくる場合もあるかもしれませんしね( ^)o(^ ) ということで調べたのはこのサイトです。

Yahoo!不動産

【SUUMO】

アットホーム

ここから一戸建て(マンション)を選んで市区町村まで見ると似たような物件でどれくらいの販売価格なのか相場がわかります。

カナ

相場を把握することで売り出し価格の交渉ができます!

3、譲渡所得税金がかかるのか?

税金がかかるのか? 家を売ったら譲渡所得税金がかかる場合とかからない場合があります。

要は買った時より安く売れたら無税になるのですが、建物は年数で減価償却されるため、 計算すると思ったより現状が安い評価になってるのがクセモノですね。


税金がかかる人

・買った時より売った時の方が価格が高い

・持ち家だけど別の家に住んでいる

 

税金がかからない人

・買った時より売った時の方が価格が低い

・住居として住んでいて譲渡所得3,000万円まで

確定申告すればほとんどが3,000万円特別控除に該当して無税になることが多いそうですが、 うちの場合はちょっと複雑で3名の税理士に相談したところみんな回答が違ったんですよね( 一一)

不動産屋も言ってたのですが、利害のない国税局に聞くのが一番いいよとのことで色々調べました。

家を売るとかかる税金

 

ページの先頭へ